ほうれい線ができやすい方もいます

ほうれい線ができやすい方もいます

多くの方が悩んでいるほうれい線は、元々できやすかったり目立ったりする方がいるそうです。

そんな方の場合は生まれつきの骨格や顔かたちが関係しているそうです。

口周辺が出っ張っている骨格、横から見ると動物の猿のような横顔になる方は、年齢を重ねていくと目立ってきてしまうそうです。

次に頬が柔らかい方も、頬が柔らかいということは頬の筋肉が少ないということなので、地球の重力の影響で頬が落ちやすく化粧品でケアしていても目立ってしまうそうです。

また生まれつきではありませんが、痩せている方も肌にお肉のハリがないので、ほうれい線が目立ちやすいそうです。

エクササイズや化粧品などで消す、あるいは目立たなくするためのケアをしていても、消すことができずに目立ってしまうという方は、もしかしたら生まれつきの骨格などが原因しているかもしれません。

化粧品などのケアでも、ほうれい線が目立っていて消すことも難しいのであれば、骨格や顔かたちなどを疑ってみて必要なケアを探してみましょう。

くせを直してほうれい線をなくす

ほうれい線ができる原因には、生まれつきの骨格や日々の生活習慣、スキンケアなどの問題もありますが、顔面の筋肉と骨格に関わる、ある『くせ』も原因だということがわかってきました。

食事をする際、口に食べ物を入れて両方の頬を使ってよく噛んで食べているでしょうか。

もし片側だけで噛んでいるというのであれば要注意です。

化粧品やエクササイズでもほうれい線を消す、あるいは薄くなることがないのは、もし骨格などが原因でないなら『片側だけで噛むくせ』が原因かもしれません。

片側だけで噛むことを続けると顔の骨格がゆがむのはもちろん、同時に上に位置する表情筋のバランスが崩れてきます。

ほうれい線を消す化粧品のリスト

そして使っていない側の筋肉が衰え、重力の引っ張りに負けてしまい、化粧品でもエクササイズでも消すことができないほどの深いほうれい線になってしまうのだそうです。

化粧品やエクササイズで消す、あるいは薄くすることができないと感じた場合には、なるべく早く本当の原因を調べ、正しいケアができるようにしましょう。